女性発情薬紅蜘蛛に含まれる成分

紅蜘蛛(女用花痴片劑)は無色無味で、各飲料によく溶ける女性発情薬です。配合した成分は全て普通の健康食材で、服用することで、セックスレス、性交痛の改善、セックスの感覚を鋭くする効果が得られます。女性の体の機能を根本的に調整し、精力アップすることもできます。これから、紅蜘蛛に含まれる成分について紹介します。

紅蜘蛛の主な成分はINVERMA、枸杞、甘草、百合、欠實などの自然素材ので、性欲改善効果がある同時に、滋養強壮の効果もあります。

INVERMA原液はい最も媚薬ではなくて、一種の興奮剤として、兵士用に開発されたのだそうです。INVERMA原液興奮剤を含める紅蜘蛛媚薬は女性の体中の性欲を完全に呼び出し、セックスに求めてきました。

枸杞

枸杞(クコ)は中国原産のナス科の落葉低木。食用や薬用に 利用される。滋養強壮老化防止、疲労回復、精神安定、肝機能の強化、免疫力向上などの作用があるので、薬剤として広く使われています。媚薬の成分として、性欲アップさせる効果があります。

甘草

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科ウラルカンゾウや類似植物の根を乾燥したもの。中国西部、シベリアなどに分布。鎮痛、解毒、去痰(きょたん)、鎮咳(ちんがい)などの作用があります。そして女性ホルモン分泌を促進させて、性欲を高めるなどの効果があります。

百合

百合(ユリ)はユリ目ユリ科のうち主としてユリ属(学名:Lilium)の多年草の総称である。属名の Lilium はラテン語でユリの意。中国や日本でも、古くから滋養強壮、利尿、止咳、精神を安定させる作用があります。紅蜘蛛の成分として、女性の精力を補足する効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です