媚薬と女性オルガズム

濡れない=感じていないため、と考える男性は多いようですが、女性が『濡れない』のには、緊張、日常のストレスのほか、女性ホルモンのバランスなど、色々な理由が考えられます。ホルモンのバランスは目に見えないもの。わかりにくいために、男性は『濡れない=感じていない』と思い込んで、自分のテクニックに自信を無くしてしまうことがあるようです。


一方の女性も誰にも言えず悩んだり、自分を責めたり。濡れない原因を知っていれば、男性も女性も、お互いに悩まずに済んだかもしれません。

とはいえ、セックスにはタイミングもあるし愛し合いたいと思うことは大事なこと。女性だって、たとえその日が濡れづらいタイミングの日だったとしてもセックスをしたくないワケではないのです。では、2人がお互いにセックスをしたい日に、女性が濡れにくい状態だったら…?一体どうしたらいいのでしょうか。


潤いが足りていない状態で無理に挿入すると、かなりの痛みを感じます。これが「性交痛」です。摩擦で傷付き、ばい菌に感染する危険はもちろんですが、そういったことが続けば、女性は段々とセックスが嫌いになるかもしれません。


こういう時は特に、「オルガズム」「イカせる」ことよりも、できるだけ濡らすことを考えましょう。いつもよりゆっくりと前戯をしたり、優しく長く抱きしめたり。緊張をほどいて、焦らなくても良いような、安心できる空間を作ります。女性の気持ちに寄り添って、濡れてくるのを待ってみましょう。



性の立場からひとつお伝えしたいのですが、たとえその日が濡れにくいタイミングだったとしても、セックスがイヤとは限らない、ということ(もちろん、個人差はありますが…)。

ところが、彼がそのことを知っていて、せっかく長めに前戯をしてくれているにもかかわらず、濡れてこないときもあります。パートナーとひとつになりたいのに…、こんな時は女性も気まずいのです。

そんな時は、女性媚薬を試してみるのもお勧めです。例えば超有名の花痴媚薬、セックスの快感を倍増させる紅蜘蛛媚薬、最強媚薬と呼ばれている絶対高潮媚薬。それぞれ長さ(時間)も感じ方も異なっているので、その時々の状況で、使い分けることができます。媚薬を服用すると、彼女がいつもより乱れてしまう…。そんな体験談も多く寄せられています。


女性をイカせよう、オルガズムに導こうと激しいテクニックを駆使する前に、まずは優しく潤いをもたせて、痛みの原因をクリアにしてください。きっと2人で、満足感のあるセックスを楽しめます。

>>濡れない方はこちら<<

女性媚薬の正規品はこちらを確認

引用される文章はこちらへ:
媚薬と女性オルガズム